• +03-5879-6849
  • mus@festa.ocn.ne.jp

明日に生きる会とは

明日に生きる会とは

~法人の目的~

知的障害を持つ人々が健康で安心して暮らせる街づくりを目指し、親亡き後も地域に少人数で住む共同生活の場を提供して運営し、もって知的障がい者の福祉の増進に寄与することを目的とする。

 

 

利用者に対する基本姿勢

 

1.人権の尊重

利用者の自己決定と選択を尊重し、その権利擁護を実現するとともに、個人の尊厳に配慮した良質かつ安心・安全なサービスを提供します。

 

2.サービスの質の向上

常に利用者の立場に立った適切な福祉サービスを提供します。サービスの質の向上に向けた体制の構築に取り組んでいきます。

 

3.地域との関係の継続

家族や知人・友人、地域住民との繋がりを持って、社会生活を送れるように支援します。

 

4.生活環境・利用環境の向上を目指します

良質かつ安心・安全なサービス提供を実現するため、利用者の生活環境・利用環境を整備しさらなる向上を目指します。

 

 

職員に対する基本姿勢

 

1.人材の確保に向けた取組の強化

良質な福祉人材の確保に向け、様々な採用手段を講じます。また、福祉の仕事の啓発のための情報発信に取り組みます。

 

2.人材の定着に向けた取組の強化

福祉サービスの継続と発展のために、職員処遇全般の向上、働き甲斐のある職場づくりに取り組みます。また、職員が働きやすい環境を推進します。

 

3.人材の育成

職務能力の開発及び人材育成に取り組みます。実際の仕事を通して必要な知識や高いスキルの習得を目指します。

 

~マネジメント~

 

法令等遵守の徹底

関係法令はもとより、法人の理念や諸規程さらには広い意味での社会的ルールやモラルを遵守した経営を行います。

 

健全な財務規律の確立

公益性の高い事業活動の推進および信頼性のある効率的な経営の観点から、健全な財務規律を確立します。